【天馬公式】衣装ケース・収納ケース通販のテンマフィッツワールド

閉じる

閉じる

  1. 衣装ケース・収納ケース・収納用品Top
  2. 特集一覧
  3. 【押入れ・クローゼット収納術】スッキリを叶える基本の3ステップ

【クローゼット収納術】スッキリを叶える基本の3ステップ

クローゼット収納術 クローゼット収納術
大容量のクローゼットや押入れは便利な収納場所ですが、使いやすく収納するとなると話は別。

とりあえず収めたけど、どこに何が入っているかもはや不明。
モノがクローゼットからあふれている。
“テトリス”みたいに収まっていて出し入れしにくい。
……など、押入れやクローゼットは、収納の悩みの“宝庫”でもあります。

この記事では、クローゼットや押入れの「出し入れしやすい収納」「見た目がスッキリした収納」を実現するための、基本的な考え方と具体的な収納術をご紹介していきます。
収納上手なミニマリストにも愛用者が多い「フィッツシリーズ」などを使いながら、押入れやクローゼットの収納を基本から押さえていきましょう。

【クローゼット収納術】
スッキリを叶える基本の3ステップ

ステップ0:押入れ・クローゼットの「収納空間を分割」

たいていのものが入ってしまうだけに、魔窟化しやすいのが押入れやクローゼット。
でも実は、空間を分割して把握するだけで、どこに何を入れるべきなのかおのずと決まり、スッキリ収納を実現する第一歩になります。

上段・中段・下段でクローゼットを使い分ける

押入れ・クローゼットを垂直に3分割 押入れ・クローゼットを垂直に3分割

まず、垂直方向に空間を3つに分けます。
上段は、押入れならば“天袋”、クローゼットならば“ハンガーポールより上”。
中段は、押入れならば“上段”、クローゼットならば“ハンガーポールの位置”です。
下段は、文字通り下の部分です。

もっとも使いやすいのは、大人がかがんだり背伸びしたりせずにアクセスできる中段です。中段は収納の“ゴールデンスペース”ですから、使用頻度が高いものを置きましょう。
上段は踏み台が必要なので、使用頻度が低く、かつ万一の落下を考えて軽量なものを収納すると良いでしょう。
下段は重いものの収納に向いています。出し入れが苦にならない収納用品を使えば、使用頻度が高いアイテムの収納にも向きます。

動線によって左右をクローゼットを使い分ける

押入れ・クローゼットを水平に分割 押入れ・クローゼットを水平に分割

次は水平方向、左と右で空間を区分けします。
特に押入れは引き違いの襖が多く、半分しか開きません。左と右で半々にスペースを分割する必要があります。
扉を少し開けばすぐにアクセスできる場所と、全開にしないと届かない場所があります。使用頻度が高いものは、少し開けば手が届く場所にあると便利です。

また、モノを出したり戻したりする時の“動線”に合わせて置く場所を決めたほうが、使いやすくなる場合も。ちょっとしたことですが、利き手によっても使いやすさが変わってきます。

押入は、奥と手前で使い分ける

押入れ・クローゼットの奥行きに合わせて収納ボックスを用意 押入れ・クローゼットの奥行きに合わせて収納ボックスを用意

衣装ケースなどの収納ボックス類は、「フィッツケース」や「フィッツユニットケース」のように、たいていは押入れ用とクローゼット用で奥行きが異なるタイプがラインナップされています。
しかし、一般的な規格と異なる場合もあるので、購入前に必ず、収納場所の奥行きを計測して確認しましょう。

押入れは、布団を収めるために奥行きがあるのが最大の特徴です。入れるものによっては、空間を奥と手前に分割して使い分ける必要が。ここも収納用品をうまく使って、デッドスペースをなくし、モノの出し入れがストレスにならないように工夫したいところです。

ステップ1:収納前に「紙上シミュレーション」

押入れやクローゼットの空間を把握したら、すぐに作業に手をつけたい気持ちは一旦横に置いて、“どこに・何を・どう”収めるかをシミュレーションしていきましょう!この事前準備が「収納の8割を決める」と言っても過言ではありません。

収納の8割が決まる、事前シミュレーション

押入れ・クローゼットのサイズを測って収納イメージ 押入れ・クローゼットのサイズを測って収納イメージ

まずは、収納場所の“内寸”をメジャーで測り、紙に書き込んでいきます。床や壁の際に巾木などがあるとその分スペースが減るので、それも加味して採寸します。

次に、収納用品を検討します。手持ちの分で足りなければ、収納用品の通販サイトなどを参考にします。良いものがあれば大きさをチェックし、収まりを確認。不要な段ボール箱をその収納用品の大きさにざっくりカットするとイメージがつかみやすいです。
ここからは空間ごとの収納術を、おすすめの収納用品と合わせてご紹介していきます。

上段は「布製収納」で扱いやすさと安全対策を

押入れ・クローゼット上段は布製収納ボックスを活用 押入れ・クローゼット上段は布製収納ボックスを活用

上段に置くモノは落下の危険性があるので、クロス類や帽子、バッグなどの軽量なモノの収納が向いています。
オフシーズンの服などを収納したい場合は、収納用品も軽くて柔らかいものが良いでしょう。そこでおすすめなのが、「プロフィックス 布製小物収納 ボックスタイプ」です。布製なので柔らかくて詰めやすく、出し入れも楽です。特に前面に透明窓がついたタイプは、中身が見えて、どこに何を収納したのか探しやすいのでオススメですよ。

中段は「吊り下げ収納」で省スペース&出し入れカンタン

押入れ・クローゼット中断は吊り下げ収納を活用 押入れ・クローゼット中断は吊り下げ収納を活用

“ゴールデンスペース”の中段は、オンシーズンの洋服をハンガー収納するのがおすすめ
押入れの場合、つっぱり棒を使ってハンガー収納をすると良いでしょう(その際、つっぱり棒の対荷重と両端壁の強度をよく確認してください)。
ハンガーだけでなく吊り下げ収納も使えば、小物なども収納でき、使い勝手がアップします。
小物整理ポケットやボタン式5連フックなど6タイプのバリエーションがある「プロフィックス 布製小物収納 吊り下げタイプ」なら、小物類や日常的に使うバッグをしまうのにぴったり。出し入れしやすく、省スペースに貢献してくれます。

下段は「引出しケース」で収納力確保

下段は引出し式の衣装ケースが便利。引出し式は奥まで無駄なく使え、収納力も抜群です。
1個ずつバラバラになるタイプと、タンスのような多段引出し式があります。スペースや必要な収納量に合わせて選びましょう
特にオススメの収納ボックスは「フィッツケース」や「フィッツユニットケース」。豊富なサイズ展開があるため、奥行のサイズや収納するモノに合わせて、自分に合った組合せが可能です。

収納ボックスの中は仕切りで整理 収納ボックスの中は仕切りで整理

また、衣装ケースなどの収納ボックスは大きいので、中身が乱雑になりがち。
衣類は立てて収納できるように畳み、さらにプラスチックケースや不織布ケース、ブックエンドなどで空間を仕切ると良いでしょう。
プロフィックス せいとんボックス」を組み合わせれば、「フィッツケース」の収納ボックスにピッタリ合うため、セットで使用するのがオススメ。
※画像で「プロフィックス せいとんボックス」を使用している商品は「フィッツプラス」になります。

ステップ2:いざ、クローゼットへ収納しよう!

収納用品を揃えたら、いよいよ作業開始です。シミュレーションがばっちりならば、あとは手を動かすのみ
時間がない中でやると中途半端に終わってそのまま……という危険もあるので、なるべくまとまった時間を作って一気に作業しましょう。

収納スペースに合わせた収納量を

収納スペースに合わせた無理のない収納量にするのは、収納の大前提。
特にハンガー収納は楽ですから、キャパオーバーになりがちです。服がカビることもあるので、見た目がぎっちりにならない量をキープしたいところです。

とはいえ、服はそう簡単に減らせないという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、ハンガーと衣装ケースの比率を調整してみてください。衣装ケースは畳む手間が面倒ではありますが、収納量は確保できます。

ラクちんな「ハンガー収納」はオンシーズン優先で

オンシーズンの服をハンガー収納 オンシーズンの服をハンガー収納

ハンガー収納は、いちばんよく出し入れする今の季節に着る服を優先すると、使い勝手がアップします。色別やアイテム別に並べるとぐっと見やすくなり、探すのも楽に。ハンガーを統一するのもおすすめです。
収納用だけでなく洗濯用のハンガーも一緒にしてしまえば、物干し竿からクローゼットにそのまま直行できて便利です。

「一時置き場」で収納のマージン(余白)を

カバクロを活用して収納の一時置き場を作る カバクロを活用して収納の一時置き場を作る

畳まなくてよいものや、一度着たけどまだ洗濯しない服、ルームウエアなどはいちばん置き場に困るアイテムかもしれません。
そこでピッタリなのは、フタを上げて中に放り込むだけという「プロフィックス カバクロ」の収納ボックス。収納の一時置き場として活用できます。カゴやバスケットで代用するのもOK。衣装ケースの上に置けば、出し入れラクラクです。

ステップ3:スッキリを保とう!クローゼット収納アイデア+α

収納は無事に済んでも、維持できるか心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも実は、ちょっとした収納アイディアで、スッキリは保てるんです。

生活動線から、最適な収納場所を考えよう

生活動線からモノの最適な収納場所を考える 生活動線からモノの最適な収納場所を考える

私たちは、収納場所について固定観念を持ってしまいがち。例えば、「靴は玄関の靴箱に収納」「洋服は寝室のクローゼットに収納」というふうに。しかし、必ずしもそこが最適な収納場所とは限りません。

たとえば、お子さんがまだ幼い時は、子ども服はクローゼットよりリビングにあるほうが使いやすいかもしれません。靴箱が大きくてスペースが余るならば、保存用の本やCDを置いてもいいかもしれません。食品ストックは、買って帰ってすぐに収納できる玄関の近くが楽な場合も。コートなどのアウターは玄関周りにあったほうが合理的かもしれません。全身のコーディネートを考えたいから、靴はクローゼットにあったほうがいいという方も。
ライフスタイルや生活動線に合わせて収納場所を柔軟に検討すると、より使いやすい収納が見えてきます。

出し入れしやすいクローゼット・押入れを作るひと工夫

キャスター付「伸びるんキャリー」で出し入れしやすい収納を キャスター付「伸びるんキャリー」で出し入れしやすい収納を

押入れは奥行きがあるので、手前と奥で空間を分けると、奥のモノが取り出しにくくなるリスクがあります。
特に下段の出し入れのストレス軽減には、収納用品にキャスターをつけるか、キャスター付きの平台にのせるのがベスト。
ピタッ!と伸びるんキャリー」なら、のせるモノの大きさに合わせて伸び縮みできるのでオススメです。
また、襖(ふすま)などの引き違い戸の収納は開口部が実質半分しかありません。フルオープンなら用途が広がるのに……という場合は、ロールスクリーンやカーテンに替えるのも手です。

すぐに捨てられないモノは「仮置き場」で様子見

押入れ・クローゼットにもモノの仮置き場を作る 押入れ・クローゼットにもモノの仮置き場を作る

収納の大前提である、収納スペースに合わせた収納量をキープするには、“ワン・イン、ワン・アウト(ひとつ増えたらひとつ捨てる)”が原則です。
とはいえ、そうはいかない場合も。そのために、“仮置き場”を作ることをおすすめします。

衣類や小物は“保留ボックス”、大物は“保留スペース”に仮置きするようにします。
仮置き場を増やすと際限がなくなるので、ボックスもスペースもそれぞれひとつに限定するようにしましょう。
一定期間が過ぎたり、仮置場が満杯になったら、モノを見直してみてください。ずっと仮置場にあって使っていなかったなら、手放す判断がしやすくなりモノの新陳代謝もよくなります。

まとめ:空間と生活動線を意識した収納で、使いやすいクローゼットに!

押入れとクローゼットの収納について、基本的な考え方から、空間に合わせた収納用品、収納のコツをご紹介してきました。
収納は収めて終わりではなく、出し入れがスムーズであることも重要です。
人に自慢できるような収納である必要はありませんが、収納が使いやすくなれば、暮らしの質は確実に上がります。「自分にとって使いやすく、モノにとって居心地が良さそう」を基準に、ぜひ自分なりの押入れ・クローゼット収納を見つけてみてください。

クローゼット収納のおすすめアイテム

フィッツケース クローゼット M-30 カプチーノ

フィッツケース クローゼット M-30 カプチーノ

最大外寸(約):幅30×奥行53×高さ23cm
素材:【本体】ポリプロピレン 【前枠】スチロール樹脂
JANコード:4904746299789
フィッツケース モノ クローゼット M-53

フィッツケース モノ クローゼット M-53

最大外寸(約):幅39×奥行53×高さ23cm
素材:【本体】ポリプロピレン 【前枠】スチロール樹脂
JANコード:4904746107800
フィッツユニットケース 4030

フィッツユニットケース 4030

最大外寸(約):幅40×奥行55×高さ30cm
素材:【天板・外枠・引出し】ポリプロピレン 【前パネル・前倒れ防止用ジョイント具】スチロール樹脂 【ゴム脚】エラストマー 【補強板】アルミ
JANコード:4904746438782
コスパ クローゼットケース(ワイド)深3段

コスパ クローゼットケース(ワイド)深3段

最大外寸(約): 幅63×奥行53×高さ69cm(キャスター使用時)
素材:【本体】ポリプロピレン 【補強板】アルミ
JANコード:4904746445285
ロックス530M クリア

ロックス530M クリア

最大外寸(約):幅39×奥行53×高さ24.3cm
素材:ポリプロピレン
JANコード:4904746430182
ロックス モノ 530L

ロックス モノ 530L

最大外寸(約):幅39×奥行53×高さ32cm
素材:【本体】ポリプロピレン
JANコード:4904746107855
インロック350M(ハーフ)

インロック350M(ハーフ)

最大外寸(約): 幅39×奥行55×高さ35cm
素材:ポリプロピレン
JANコード:4904746279385
とっても便利箱40L

とっても便利箱40L

最大外寸(約): 幅40×奥行55×高さ33cm
素材: ポリプロピレン
JANコード:4904746056474