【天馬公式】衣装ケース・収納ケース通販のテンマフィッツワールド

閉じる

閉じる

  1. 衣装ケース・収納ケース・収納用品Top
  2. 特集一覧
  3. 【洋服収納のコツ】クローゼットやチェストを見直してすっきりを実現!

【洋服収納のコツ】クローゼットやチェストを見直してすっきりを実現!

理想は洋服がすっきりと収納されたクローゼットやチェスト! しかし実際には、乱雑に詰め込まれていたり、モノであふれていたり、理想から大きくかけ離れてた収納を前に、思わずため息をつきたくなっていませんか?
洋服を出し入れしやすく、さらに見た目にも美しく収納するにはいくつかコツが必要です。ただ、そのコツを押さえるだけで理想の洋服収納ができるようになります。 この記事では洋服をクローゼットやチェスト、タンスなどに出し入れしやすく、見た目よくしまえる具体的な収納術をご紹介します。加えてオフシーズンの洋服収納のコツも詳しく解説しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

収納を考える前に不要な洋服を手放そう

収納を考える前に不要な洋服を手放そう 収納を考える前に不要な洋服を手放そう

ワードローブをすべてチェックしてサイズが合っていない、流行とずれている、数シーズン着用していないなどの場合は処分を検討してもいいかもしれません。
できるだけ洋服の量は少ない方が管理もしやすく、普段の片付けや整理整頓もラクになりますよね。よりすっきりと使いやすい収納を求めるなら、洋服の数は絞るのがおすすめです。

クローゼット内の洋服収納のコツ

クローゼットはあれこれと詰め込みやすく、扉を閉めておけば目隠しできるため、収納がカオス化しやすい場所です。また、仕切りの少ない大きな空間は便利なようですが、そのままの状態では意外と使いにくく、デッドスペースが多く生まれていることもあります。
それではクローゼット内の洋服収納のコツについて、詳しくみていきましょう。

ハンガーにかける

ハンガーにかける ハンガーにかける

クローゼット内はハンガー収納の活用がおすすめです。コートやワンピースだけでなく、夏ならTシャツなどオンシーズンのトップスやボトムスもハンガーに吊るすと出し入れしやすく、風通しもよく収納できます。
見た目よく収納するコツは、丈の長さや色を揃えて吊るすこと。また、同じ種類のハンガーで統一すると、よりすっきりと見える収納が叶います。さらに洗濯用のハンガーも同じにすると、干した後クローゼットに直行で片付けられて家事の時短にもなりますね。

引き出しケースを使う

デッドスペースが生まれやすいクローゼットは、引き出しケースを使うと空間も無駄なく使えてたっぷり収納できます。
とくに無駄になりやすいのが奥行きの空間。そこで引き出しケースを選ぶ際は、クローゼットの奥行きのサイズと合ったものを選ぶと、余すことなくスペースを活用できます。

豊富なサイズ展開「フィッツケース」 豊富なサイズ展開「フィッツケース」

おすすめなのが「フィッツケース」。全部で26サイズの豊富なラインナップで、クローゼットの奥行きにぴったりフィットするケースを選べます。
クローゼットだけでなく、押入れの奥行きに合わせたタイプも揃います。高さや幅も選べて、しまう場所にジャストな収納が可能です。幅を合わせれば積み重ねて自由にカスタマイズもできます。発売から35年経過しているロングセラーアイテムで規格も変わらないため、いつでも買い足せて安心です。

クローゼットの奥行きにぴったり「フィッツユニット」 クローゼットの奥行きにぴったり「フィッツユニット」

また、奥行き55cmのクローゼットサイズにぴったりなのが「フィッツユニット」です。移動に便利な「フィッツ 差込式キャスター40(別売り)」に対応し、高さや幅のサイズ展開も豊富で機能性抜群。
前面のパネルは磨りガラス風で、中に何が収納されているものを適度に隠せるため、クローゼット内だけでなく、部屋に置いても活躍しそうですね。

フラップ式のフタで出し入れしやすい「プロフィックス カバコ」 フラップ式のフタで出し入れしやすい「プロフィックス カバコ」

開口サイズが広く、より出し入れしやすい引き出しケースをお求めなら「プロフィックス カバコ」がぴったりです。フラップ式のフタは開け閉めしやすく、子どもでも扱いやすいため、キッズ用収納としても活躍します。
また、フタは本体に収納すればフルオープンの状態をキープでき、ラックのように使うことも可能。しまうアイテムに合わせて使い分けると、クローゼット内のスペースをさらに有効活用できます。

使用頻度に応じてしまう場所を決める

使用頻度に応じてしまう場所を決める 使用頻度に応じてしまう場所を決める

クローゼットは空間を3つに分割し、それぞれ使用頻度に応じてしまうアイテムを決めるとモノが取り出しやすく、整理整頓もしやすくなります。
上段は手が届きにくいため、オフシーズンの洋服など使用頻度の低いアイテムを収納しましょう。万が一の落下や、しまう際の手間を考えると、できるだけ軽いモノを収納するのがいいですね。収納アイテムも布製など軽量素材でできたタイプを使うのが安心です。
中段はそのままの姿勢で手が届きやすく、もっとも出し入れしやすい場所。収納のゴールデンゾーンで、普段着など使用頻度の高いアイテムをしまうのに最適です。ハンガーポールを増やすなど収納力をより高め、たっぷりしまえるよう工夫しましょう。
下段は出し入れの際にかがむ必要があるため、使用頻度は中程度のアイテムをしまうのがおすすめ。重いモノをしまうのにも向いています。引き出しケースやラックなどをを設置すると便利で、スペースを無駄なく活用できます。

チェストやタンスの洋服収納のコツ

チェストやタンスもクローゼットと同じく、洋服を詰め込んで乱雑になりがちなスペースです。引き出し内の空間を使いこなせず、せっかくのスペースを無駄にしてしまいやすい場所でもあります。
チェストやタンスの洋服収納のポイントは、上からひと目で何がどこにあるか見渡せるようにすること。それでは具体的な収納テクニックをみていきましょう。

引き出し内を仕切る

チェストやタンスの引き出しは、そのままの状態ではがらんとして使いにくい空間です。
とくにインナーやハンカチ、靴下などこまごまとしたアイテムは、広い引き出しの中では乱雑になりやすく、見た目も使いやすさもよくありません。出し入れしやすく見た目よく収納するには、引き出しの中をしまうモノに合わせて仕切るのがポイントです。

引き出し内をすっきり仕切る「プロフィックス せいとんボックス」 引き出し内をすっきり仕切る「プロフィックス せいとんボックス」

仕切りとしてプラスチックケースやブックスタンドを使う方法もありますが、やはり専用の収納アイテムが使いやすくおすすめです。「プロフィックス せいとんボックス」は引き出し内の仕切りに特化したアイテムで、ごちゃつきやすいスペースを整理してくれます。ポンポンと放り込むだけですっきり収納が可能。
布製で繊維や糸が引っかかりにくく、大事な洋服も安心してしまえます。内側に仕切りのあるタイプならこまごまと分けて収納でき、見た目にも美しく片付きますよ。

洋服は立ててしまう

洋服は立ててしまう 洋服は立ててしまう

Tシャツやトレーナー、ニットなどのトップスは、自立するように工夫して畳み、引き出しにしまうのがおすすめです。
平置きで重ねて収納した場合、引き出しを開けたときに見えるのは一番上に畳まれている洋服だけ。しかし、自立するように畳んで収納するとどこに何があるのかひと目で見渡せ、出し入れも簡単です。手持ちのワードローブを把握しやすくなるため、無駄買いやダブり買いも減らせそうですね。
引き出しにしまう際には、畳んだ洋服の折山を上にするのがコツ。幅のある引き出しなら、内側に仕切りを入れておくとすっきりと収まります。先ほどご紹介した「プロフィックス せいとんボックス」を活用すると、さらに使いやすい引き出し収納が実現しそうです。

どこに何をしまうか決める

どこに何をしまうか決める どこに何をしまうか決める

タンスやチェストの中はどこに何をしまうかをはっきりと決めておくと、収納しやすく散らかりません。少し面倒ですが、洋服だけでなく小物類もそれぞれ住所を決めてしまいましょう。ひとつのエリアに1種類のアイテムをしまうようにすると見た目にもごちゃつかず、すっきりと収納できます。
収納する場所は使用頻度に応じて決めると、使いやすくて便利です。タンスやチェストの大きさによっても異なりますが、立ったままで出し入れしやすい場所に普段着のトップスやボトムスをしまうのがベスト。いちばん下の引き出しには、使用頻度の低いアイテムをしまうといいでしょう。

使いやすいチェストやタンスを選ぶ

使いやすいチェストやタンスを選ぶことも重要です。置く場所やしまうアイテムによってサイズを選び、引き出しやすいタイプがおすすめです。引っかかりがなく、軽い力で引き出せると子どもでも扱いやすいですね。
また、引き出しの深さも要チェックです。セーターなど厚みのある洋服をしまうのなら、深めの引き出しのあるチェストやタンスを選びましょう。いくつか深さの違う引き出しがあるタイプなら、あれこれ収納できて使い勝手がいいかもしれません。
よく目に付く場所に置くチェストやタンスなら、見た目にもこだわりたいですね。シンプルなデザインなら、さまざまなインテリアに調和しやすくおすすめです。

機能的でシンプル、使いやすい「フィッツプラス」 機能的でシンプル、使いやすい「フィッツプラス」

計18サイズが揃う「 フィッツプラス 」なら、収納する衣類や置く場所に合わせてぴったりサイズを選べます。サイドローラーを内蔵した引き出しはスムーズに出し入れでき、子ども用のチェストとしても最適です。
清潔感のあるホワイトカラーとシンプルなデザインで、どんな部屋にもマッチ。木製天板がナチュラルな雰囲気で、さまざまな空間にすっきりとなじみます。

オフシーズンの洋服収納のコツ

最後にオフシーズンの洋服収納のコツをご紹介します。衣替えをした後、何も考えずクローゼットに保管していませんか? 次のシーズンも変わらない状態で着用できるよう、保管にはいくつか注意したい点があります。それぞれ詳しくチェックしましょう。

クリーニングから戻ってきた洋服はそのまま収納しない

クリーニングから戻ってきた洋服は多くにビニール袋がかけられており、そのまま引き出しにしまったり、ハンガーポールに掛けたりしている方も多いでしょう。確かになんとなく清潔なまま収納できそうですよね。
しかし、ビニール袋は返却時に汚れなどが付かないようかけられているもので、自宅で保管時には外す必要があります。外さずに収納すると通気性の悪さからカビが生えやすく、虫食いの原因にもなりかねないため、必ずビニール袋は外してしまいましょう。
また、コートなどの返却時に使われているハンガーは簡易的なタイプで、長期に渡って保管する際に使うと洋服の型崩れの原因にもなりかねません。厚さのあるハンガーに掛け替えて保管しましょう。

ホコリから衣類を守って保管する「プロフィックス  布製小物収納 衣装カバー」 ホコリから衣類を守って保管する「プロフィックス  布製小物収納 衣装カバー」

コートやワンピースなどホコリが心配な場合は、市販の衣類カバーを使うのがおすすめです。「プロフィックス 布製小物収納 衣類カバー」はショートとロングの2種類の丈があり、しまう洋服のサイズに応じて選べます。ショート丈はジャケットやスーツに、ロング丈はコートやワンピースをしまうのに最適です。
透明窓がついて中身がひと目でわかり、ワードローブの多いおしゃれな方でも安心。内ポケット付きで、共布ベルトやネクタイピンなどの小物を入れておけて便利です。

除湿・防虫対策を行なう

オフシーズンの洋服の保管は、除湿や防虫の対策も怠らないようにしましょう。長期間収納したままの状態だと湿気がこもりやすく、虫食いが発生してしまうこともあります。
保管するときはぎゅうぎゅうに詰め込まず、スペースの7〜8割くらいを目安に収納して通気性を確保し、引き出しの底には除湿シートを敷くと安心です。クローゼットや押入れには除湿剤を置いておきたいですね。
また、保管の際は防虫剤も忘れないようにしましょう。引き出し用は洋服の上に置き、吊り下げ用はパイプハンガーの真ん中に下げると薬剤が効果的に広がります。有効期間をチェックし、次の衣替えのタイミングまで有効かどうか確認しておきましょう。

長期間の保管に最適「プロフィックス 布製小物収納 衣装ボックス」 長期間の保管に最適「プロフィックス 布製小物収納 衣装ボックス」

オフシーズンの洋服の長期保管に便利なのが「プロフィックス 布製小物収納ボックス」です。丈夫で軽い布製ボックスで、どこにでもポンっと置ける手軽さが魅力。
ラインナップはフタ付きタイプと、中身の見える透明窓のついたジッパー開閉タイプの2種類です。いずれのタイプにも防虫剤ポケットがあり、長期間の保管にも向いています。

デッドスペースを活用して収納する

オフシーズンの洋服は、多少取り出しにくい場所に収納してもOK。普段は使っていないデッドスペースになっている空間を活用して収納するといいでしょう。
クローゼットの上にある棚や、押入れの天袋などは普段使うアイテムを収納するには使いにくく、デッドスペースとなっている場合がめずらしくありません。また、押入れの奥などもデッドスペースとなりやすい場所。収納ボックスなどを使ってオフシーズンの洋服をしまい、空間を無駄なく活用したいですね。

頑丈で頼れる収納「ロックス」 頑丈で頼れる収納「ロックス」

中身が見えるオールクリアタイプの「ロックス」なら、どこに何を収納したかすぐ分かり、衣替えも簡単です。隠す収納がお好みなら、ホワイトタイプを選ぶといいでしょう。頑丈なボディ設計で、長く使い続けられるのもうれしいですね。
計14タイプの豊富なサイズ展開で、しまいたい場所やデッドスペースの大きさに応じてぴったりなアイテムを選べます。がっちりロックできるフタ付きで、ホコリの侵入も防止。長期間でも安心して保管できる、頼れる収納ボックスです。

あらゆる収納にマルチに活躍する「フィッツケース」 あらゆる収納にマルチに活躍する「フィッツケース」

普段の収納に活躍する「フィッツケース」は、オフシーズンの衣類保管にも適しています。オンシーズンの衣類収納とオフシーズンの衣類収納を同じサイズのケースに統一しておけば、衣替えはケースごと入れ替えるだけで完了。手間も時間もほとんどいらず、一瞬で衣替えが終わります。

まとめ 〜快適な洋服収納で暮らしも豊かに〜

洋服収納は出し入れのしやすさが使い勝手のよさにつながります。空間を無駄なく使いこなし、どこに何がしまってあるか分かるように収納するのもポイントです。解説した収納のコツを参考に、クローゼットやチェスト、タンスなどを見直してみましょう。
すっきりとした洋服収納が叶うと手持ちのワードローブを把握しやすくなり、ダブり買いを防止できたり、今まで以上にコーディネートを楽しめたりとメリットもたくさん生まれます。いつもの暮らしがグッと豊かになりそうですね。
ご紹介した便利なアイテムも活用しつつ、使いやすく美しい洋服収納を実現してみませんか。