【天馬公式】衣装ケース・収納ケース通販のテンマフィッツワールド

閉じる

閉じる

  1. 衣装ケース・収納ケース・収納用品Top
  2. 特集一覧
  3. キッチン周りの収納特集
  4. 【キッチン引き出し収納術】食器やカトラリーを上手にしまうコツ

【キッチン引き出し収納術】食器やカトラリーを上手にしまうコツ

ごちゃつきがちなキッチンの引き出しは閉めておけば目につかないため、整理するのを後回しにしてしまいがちな場所です。
しかし、何がどこにあるかひと目でわからないような収納では、調理や片付けの効率もダウンしてしまいます。毎日使う場所だからこそ、目につかなくてもきちんと整理整頓しておきたいですね。
キッチンの引き出し収納は、仕切りなど収納アイテムの活用が成功の秘訣。この記事では、食器やカトラリー、キッチン小物などを、すっきりと引き出しに収納する方法について解説していきます。どれも簡単にできる収納術なので、すぐに真似できますよ。

カトラリーの引き出し収納:仕切りアイテムで分類

カトラリーの引き出し収納:仕切りアイテムで分類 カトラリーの引き出し収納:仕切りアイテムで分類

カトラリー類はスプーンやフォーク、箸などそれぞれ形が異なる上に、量が多いため、収納の際は仕切りアイテムを使いこなすことが重要です。
種類別にカトラリーを仕分けてそれぞれトレーに収納すると、出し入れしやすく見た目もすっきりします。キッチンの引き出しサイズに合わせて、トレーをパズルのように組み合わせていきましょう。
子どもにもどこに何があるかすぐにわかるため、お手伝いもしてもらいやすくなります。

サイズや種類別にすっきり「ファビエ 仕切るトレー」 サイズや種類別にすっきり「ファビエ 仕切るトレー」

カトラリーの引き出し収納におすすめのアイテムは「ファビエ 仕切るトレー」。ファビ絵仕切りトレーはS・M・Lの3サイズがあり、カトラリーのサイズに合わせて収納できます。
Sなら子ども用のカトラリー、Mならスプーンやフォーク、箸、Lなら菜箸やお玉といった具合にサイズに合わせた収納が可能です。 角は丸みを帯びているためホコリがたまりにくく、面倒なお手入れもサッと拭くだけで簡単なのも助かりますね。
このように、スプーンやフォークなどのカトラリーはサイズと種類ごとにトレーを組み合わせて引き出しに収納するようにしましょう。

ラップやキッチンツールの引き出し収納:立てて取り出しやすく

ラキッチンツールを立てて収納できるファビエ すっきり整頓シリーズ キッチンツールを立てて収納できるファビエ すっきり整頓シリーズ

ラップやお玉、菜箸などのキッチンツールなどは、高さのあるシンク下の引き出しに立てて収納するのがおすすめです。高さを活かした収納で、限られたスペースを無駄にしません。
収納するキッチンツールの数量に合わせて、ちょうど良いサイズのファイルボックスなどを選びましょう。ボックスの中でラップやお玉が横になってしまわないよう、間仕切りのあるアイテムを選ぶことをおすすめします。

食器やフライパンの引き出し収納:縦のスペースを活用 食器やフライパンの引き出し収納:縦のスペースを活用

ファビエ ツール&ラップバスケット」なら、シンク下の引き出しに立てて収納したいときにぴったり。ワイヤータイプなので通気性がよく、湿気がこもりやすいシンク下でも衛生的に収納ができます。
料理の際に、収納ボックスごと取り出してキッチンツールを移動させたい場合は、取っ手つきの「ファビエ 仕切るケース 引出用(75S)」がおすすめ。奥行き7.5cmのコンパクト設計なので、せまいキッチンでも隙間収納に活用できます。
このように、ラップやお玉などのキッチンツールは、引き出しに直接しまうのではなく、立てて収納するようにしましょう。

食器やフライパンの引き出し収納:縦のスペースを活用

食器やフライパンの引き出し収納:縦のスペースを活用 食器やフライパンの引き出し収納:縦のスペースを活用

大きめの食器類やフライパンもシンク下やコンロ下の深い引き出しを活用し、縦に収納するとすっきりしまえます。
食器類は食器棚に収納するもの、と考えがちですが、とくに大皿は引き出しにしまう方が出し入れしやすく、割ってしまう心配も少なくなりおすすめです。また、フライパンも立てて収納することで、取り出しやすく、限られたスペースを有効活用できます。

引き出しをすっきり仕切る「ファビエ 仕切るケース引き出し用」 引き出しをすっきり仕切る「ファビエ 仕切るケース引き出し用」

ファビエ 仕切るケース 引き出し用」は幅や奥行きが異なる5サイズ展開で、食器やフライパンをシンク下の引き出しに収納するのにぴったりのアイテムです。
ファビエ仕切るケースには鍋ブタを引っ掛けられるくぼみや、フライパンや鍋の取っ手の長さを考慮した高さなど、使い勝手をよくする工夫も凝らされています。高い機能性で使いやすく、少しでも調理の時間や手間を減らしたいという方におすすめです。

ストック食品の引き出し収納:バスケットやキャニスターにまとめる

ストック食品の引き出し収納:バスケットやキャニスターにまとめる ストック食品の引き出し収納:バスケットやキャニスターにまとめる

ストック食品は大きめの収納アイテムを使い、シンク下の引き出しにしまうのがおすすめです。
レトルトカレーや缶詰、調味料など、ストック食品はそれぞれに形や大きさが異なります。そのため、大きめのバスケットやキャニスターにまとめて収納するのが効率的です。ただし出し入れしにくくならないよう、入れすぎには注意しましょう。

シンク下の引き出し収納に最適「ファビエ スタッキングバスケット」 シンク下の引き出し収納に最適「ファビエ スタッキングバスケット」

ファビエ スタッキングバスケットМ」はシンク下の引き出し収納にぴったりなワイヤータイプのバスケット。何をどこに収納しているのか一目瞭然なので、「あの缶詰はどこにしまったっけ・・・?」と手間取ることがありません。
S・M・Lの3サイズ展開で、小さめサイズはアイテム別に仕分けたい場合に、大きめサイズならあれこれポイポイと入れたい場合になど、しまい方に応じて使い分けるのもいいですね。また、バスケットを積み重ねて使うこともできるので、深さのある引き出しで空間をもて余してしまっている場合は、収納力をアップすることができます。

包丁の引き出し収納:オープンタイプで清潔に

包丁の引き出し収納:オープンタイプで清潔に 包丁の引き出し収納:オープンタイプで清潔に

包丁はキッチンに備え付けの収納にしまっている方が多いのではないでしょうか。しかし備え付けの収納部分は通気性が悪く、お手入れもしにくいことから、衛生面が気になるという方も少なくないかもしれませんね。
そこでおすすめなのが「ファビエ 引き出し用 包丁ケース」を使った収納です。

カトラリー類と一緒にしまえる「ファビエ 引き出し用 包丁ケース」 カトラリー類と一緒にしまえる「ファビエ 引き出し用 包丁ケース」

ファビエ 引き出し用 包丁ケース」はワイヤータイプで通気性がよく、包丁を清潔に収納できます(刃渡り25cmまでの包丁を3本まで収納できます)。刃を傷つけにくい保護カバーや、刃先側に貼れる保護シート付きで安心です。
また、防錆力のある亜鉛メッキや、色褪せやサビを防ぐ粉体塗装が施され、水回りで使うのにぴったり。カトラリー類と一緒に引き出しにしまっておけば出し入れもしやすく、調理効率も上がりそうですね。

キッチンの引き出し収納を整えて無駄を減らそう

キッチンの引き出し収納を整えて無駄を減らそう キッチンの引き出し収納を整えて無駄を減らそう

キッチンの引き出し収納は、ボックスやケースなどの仕切りアイテムを活用するのがポイント。引き出しの高さや幅に合わせたアイテムを選ぶとスペースを無駄にせず、ぴったりフィットした収納が実現します。細々したキッチン小物を引き出しに上手に収納すれば、キッチン全体がすっきりし広々と使うことができます。
多くの物をしまっておく引き出し収納だからこそ使いやすく整えておくことで、調理の手間や時間を減らし、効率もアップ。また、引き出しを整えておくことで持っている物やストックを把握しやすく、ダブり買いなどの無駄もなくせます。
閉めておけば目につかないかキッチンの引き出しですが、きちんと収納して家事の効率をアップにつなげていきましょう!