【天馬公式】衣装ケース・収納ケース通販のテンマフィッツワールド

閉じる

閉じる

  1. 衣装ケース・収納ケース・収納用品Top
  2. 特集一覧
  3. 洗濯物干し・ハンガー特集|生活スタイルに合う物干し・ハンガーの選び方
  4. 室内物干しおすすめ10選:乾かない洗濯の悩みを解消

室内物干しおすすめ10選:乾かない洗濯の悩みを解消

室内物干しおすすめ10選:乾かない洗濯の悩みを解消 室内物干しおすすめ10選:乾かない洗濯の悩みを解消
室内干しは雨の日にするものと思いがちですが、さまざまな事情から室内干し派も増えています。その理由は、「花粉が気になる」「ベランダが狭すぎて物干しスペースがない」「下着は外干ししたくない」など。
ですが、部屋干しはニオイが気になったり、乾きにくかったりしてストレスを感じることも。そういったデメリットを解消してくれる室内物干しがあれば安心して洗濯物が部屋に干せますよね。
そこで今回は室内物干しの選び方とおすすめの商品を紹介します。

室内干しのメリット

室内干しのメリット

室内干しは「乾きにくい」「臭いが気になる」といった悩みが多く聞かれますが、それらを上回るメリットもあります。

1. 花粉やホコリの影響を受けにくい

花粉症の人にとっては、洗濯物の外干しは好ましくありません。洗濯物に花粉が付着し、アレルギーを悪化させてしまうからです。室内干しなら、花粉やホコリがほとんど付着しないので安心して干すことができます。

2. 衣類の日焼けを防ぐ

外干しした衣類は紫外線で傷んでいきます。紫外線による日焼けが原因で色褪せが起きたり、黄ばんでしまったりすることも。その点、室内干しは紫外線の影響を受けにくいため衣類が傷みにくくなります。

3. 天気や時間に左右されない

外干しの場合は、どうしてもお天気によって乾き具合が変わってきます。外干ししたまま外出したら雨が降り、洗濯をやり直した経験がある方もいるのではないでしょうか?
また、生活リズムによっては必ずしも昼間に洗濯できるとは限りません。夜に洗濯したものを外干しするのは、天気や防犯面で不安があります。
こういった観点からも、天気や時間を気にせず洗濯できる室内干しが安心です。

4. 防犯面で安心

外干しは、他人に洗濯物が見られてしまうので、家族構成や性別といったプライバシーが漏れやすくなってしまいます。そのため、下着を外干ししたくないと思う女性も少なくありません。室内干しなら洗濯物が見られないので、安心して干しておけます。

5. 洗濯動線が短くなる

重い洗濯物をベランダや外まで運ぶのは妊婦や高齢の方、腰痛持ちの方には大変な作業です。ランドリールームの近くに室内干しすれば、洗濯動線が短くなり、家事の時短につながります。洗濯物を運ぶことによる転倒やケガのリスクも軽減できるでしょう。

室内物干しを選ぶときのポイント

室内物干しを選ぶときのポイント

室内物干しは、何度も買い替えるアイテムではないため、自分にもっとも合ったものを選ぶことがとても重要です。実際に部屋干しすることをイメージしながら、自分にとって必要な条件を満たすものはどんな室内物干しなのかを考えてみてください。

使用場所で選ぶ

室内物干しを選ぶ際に考えておきたいのは、部屋のどこに洗濯物を干しておくのかということ。リビングや浴室など、場所によって設置できる広さが異なりますから、使用場所のスペースに合ったサイズの室内物干しを選びましょう。
日当たりの良い部屋の窓際に干したいなら、突っ張りタイプがおすすめです。また、浴室などの限られたスペースに干す場合は、ワイヤータイプを選ぶと使わないときに邪魔になりません。

使用方法で選ぶ

使用方法によっても、最適な室内物干しは変わってきます。
普段、ハンガーやピンチハンガーに吊るして干すことが多いなら、高さのある室内物干しを選ぶのがおすすめ。小物をたくさん干したい場合はパラソルタイプがよいでしょう。バスタオルを何枚も干すならバーの幅が広いものが適しています。いろいろな種類の洗濯物を干したい場合は、1つでどんな洗濯物にも対応できる多機能タイプを選びましょう。

洗濯物の量で選ぶ

家族の人数や洗濯頻度に合わせたサイズの室内物干しを選ぶのもポイントの1つ。一人暮らしで毎日洗濯しているのに大容量タイプを選ぶと邪魔になりますし、家族が多いにもかかわらずコンパクトタイプを選んでしまうと洗濯物が干しきれません。ですから1日の洗濯物の量に合ったものを選びましょう。
脱水後の洗濯物は重いので、サイズ感と同様に耐荷重もチェックしておくことも大切なポイントです。

収納スペースで選ぶ

室内物干しは、ずっと出しっぱなしにしておくと、どうしても生活感が出てしまいがち。ですから、どこに収納しておくかを決め、収納スペースに合ったサイズの室内物干しを選ぶ必要があります。折りたたみタイプを選べば、コンパクトに収納することが可能。
収納スペースが確保できなかったり、使用頻度が高くて出し入れが面倒だったりする場合は、出しっぱなしにしても圧迫感を感じさせないモノやインテリアに馴染みやすいモノを選びましょう。

室内物干し・タイプ別おすすめを紹介

自分に合った室内物干しや物干しアイテムを使うと洗濯がラクになり、家事の時短につながります。ここからは室内干しにおすすめのアイテムを紹介していきます。

コンパクトな折りたたみ式物干し

コンパクトな折りたたみ式物干し

一人暮らしで洗濯物が少ない、収納しやすい省スペース設計のものがいいという方には、コンパクトな折りたたみ式の室内物干しがおすすめです。「ポーリッシュ スリム物干しX型 ホワイト PS-32」(最大外寸:幅71×奥行72×高さ126cm、収納時:幅71×奥行5×高さ144cm)はシンプルな形状で、開閉もスムーズ。1~2人暮らしまでの洗濯物の量にぴったりのサイズ感です。
折りたたんだときの幅が5cmとスリムなため、洗濯機の横や棚のちょっとした隙間に収納しておけます。
ハンガーストッパーが付いており、ハンガーやピンチハンガーを掛けても滑り落ちてくる心配がありません。

おしゃれなスタイリッシュ物干し

おしゃれなスタイリッシュ物干し

毎日部屋干しをするなら、室内物干しは出しっぱなしのほうがラク。見た目がシンプルでデザイン性の高いものを選ぶと、出しっぱなしでも生活感がほとんど出ません。
ポーリッシュ インテリア物干しシリーズ」はステンレス製あるいはアルミ製で、見た目がスタイリッシュ。インテリアに馴染みやすいデザインが特徴です。コンパクトに折りたためるため、来客時に収納しておきたいときは隙間にサッと入れておけます。
同シリーズは6種類展開しており、それぞれサイズが異なるため自分のニーズに合ったサイズの室内物干しを選べるでしょう。

コンパクト×大容量の突っ張り棒式物干し

コンパクト×大容量の突っ張り棒式物干し

洗濯物の量が多い方には突っ張り棒タイプの物干しが便利です。「ポーリッシュ 突っ張り式物干しシリーズ」は上下に突っ張るだけなので設置がとても簡単。
ポーリッシュ 突っ張り式物干し 窓枠用PS-19」(最大外寸:片側 幅4×奥行46×高さ190~260cm)は、日当たりの良い窓枠の上下に突っ張れば、大容量の洗濯物でも乾きやすくなります。耐荷重は20kg。強力に固定できるため、安定感があります。使わないときは竿受け(竿の付属はなし)を折りたたみ、突っ張り棒をホルダーでまとめればコンパクトに収納することが可能です。
ポーリッシュ 突っ張り式物干し 室内ロング PS-35」(最大外寸:片側 幅5×奥行46×高さ201~300cm)は、天井と床に突っ張って使用するタイプ。耐荷重は20kg。
どちらも「しっかり干せて、すっきり収納したい」という主婦の声をカタチにした商品です。

タオルも洋服も干せる多機能物干し

タオルも洋服も干せる多機能物干し

いろいろな洗濯物を1つにまとめて干したい方におすすめなのが多機能タイプの室内物干しです。
ポーリッシュ 多機能物干しシリーズ」は4種類。どれも幅と高さを調節できるダブル伸縮タイプです。キャスター付きなので移動が簡単。室内干しは掃除機がかけにくいというデメリットをしっかりとカバーしています。日当たりや乾き具合で方向を簡単に変えられるのも嬉しいポイントです。キャスターにはストッパーが付いているので、しっかりと固定させることもできます。
ポーリッシュ 室内多機能物干しH型 PS-04K」「ポーリッシュ アルミ室内多機能物干しH型 PS-04KA」(最大外寸:幅93~149×奥行52×高さ112~180cm)はステンレス製とアルミ製の素材違い。どちらも耐荷重は11kgで、違うのは本体の重さ(ステンレス製は5.6kg、アルミ製は3.8kg)です。洗濯物を上下に干してもくっつかないため、乾きやすくなっています。
収納したいときは開閉部を持ち上げるだけで折りたたみが可能。女性でも簡単に開閉できます。こういった動作がスムーズにできると、ストレスが溜まりません。
ポーリッシュ いっぱい干せる伸縮自在多機能物干し PS-30」(最大外寸:幅80~140×奥行62×高さ105~175cm、収納時:幅9×奥行62×高さ105cm)は、布団と衣類が同時に干せる大容量タイプ。耐荷重は25kgです。たくさん干しても倒れにくい設計になっており、安定感があります。
ポーリッシュ インテリア物干し アルミ多機能 PSI-04A」(最大外寸:幅62~106×奥行52×高さ102~170cm、収納時:幅62×奥行13×高さ102cm)は、省スペースながらもたくさん干せるスタイリッシュなデザインのインテリア物干しです。耐荷重は10kg。ゆったり設計なので風通しがよく、乾きやすくなっています。

布団用室内物干し

布団用室内物干し

布団をベランダや庭まで運んで干すのは大変です。布団を室内干しできれば、体への負担が軽減されますよね。
ポーリッシュ アルミ伸縮式布団干し X型コンパクト PS34-A」(最大外寸:幅93~148×奥行57×高さ87~125cm、収納時:幅93×奥行9×高さ94cm)は、一度に布団が2枚干せる優れもの。耐荷重は10kgです。幅と高さが調節できるダブル伸縮タイプなので、布団干しとして使わないときは日常の洗濯物干しとして使えます。

お悩み解消!室内干しに最適な洗濯ハンガー

室内干しをより効率的に済ませるためには、物干しだけでなく洗濯ハンガー(ピンチハンガー)も重要なポイントです。ここでは室内干しに適した洗濯ハンガーを2つ紹介します。

壁かけしやすい洗濯ハンガー

壁かけしやすい洗濯ハンガー

洗濯物の種類によっては、室内物干しを使わずに洗濯ハンガーだけで干せてしまう場合もあります。ですが、洗濯ハンガーで干すときに気になるのが壁との接触。洗濯物が壁にくっついてしまうと乾きにくくなるだけでなく、壁が湿気を吸収してカビが発生してしまうことも。
そういったトラブルを避けられるのが「ポーリッシュ 壁につかない水平干し角ハンガー42 PL-31」(最大外寸:幅75×奥行40×高さ37cm、スペースバー使用時の奥行45cm)です。
スペースバーを引き出すと壁と洗濯ハンガーの間に約5cmの隙間ができるので安心して室内干しできるでしょう。
室内物干しに吊るしても使えます。その際、スペースバーを引き出しておけばバスタオルが干せます。非常に使い勝手のいい洗濯ハンガーです。

雨の日も嬉しい、乾きやすい洗濯ハンガー

雨の日も嬉しい、乾きやすい洗濯ハンガー

室内干しは、外干しと違って風が通りにくいため、どうしても乾くまでに時間がかかってしまいます。いくら室内物干しがゆったり干せる設計でも、洗濯ハンガーにぎゅうぎゅうに干してしまったらなかなか乾きません。
ですから、洗濯ハンガーも乾きやすい設計のものを選ぶのが大切。「ポーリッシュ 華麗な乾きやすいハンガーシリーズ」は、毎日の洗濯を少しでもラクになるように設計された洗濯ハンガーです。ピンチの間隔をやや広めにして、速く乾くようにしています。

室内干しのイヤな臭いを防ぐには?

室内干しのイヤな臭いを防ぐには?

「室内干しすると臭いが気になるから、やはり外干しがいい」と考えている方も多いのではないでしょうか?室内干しは、外干しのように直射日光や風に当たらないため乾きが遅く、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ですが、それだけが原因で臭いが発生しているわけではありません。
実は、臭いの原因は洗濯時に十分汚れが落ちていないことの場合のほうが多いのです。しっかりと洗えていれば、さほど臭わなくなるでしょう。しっかり洗うコツは「洗剤を入れすぎない」「よくすすぐ」の2つです。普段使いの洗剤を部屋干し用洗剤や酸素系漂白剤・重曹に変えてみたり、すすぎを1回しかしていないならば2回にしてみたりすると臭いが軽減される可能性が高くなります。臭うのがイヤだからと柔軟剤を入れすぎないようにすることも大切です。洗剤も柔軟剤も適量にとどめておきましょう。
それでも臭う場合は洗濯槽が汚れている可能性があります。カビが発生しやすい場所ですから、洗濯機のフタを開けてなるべく乾燥させておきましょう。洗濯槽洗剤を使って定期的にキレイにすることも大切です。
また、乾くまでに時間がかかるのが臭いの原因の1つですから、乾きやすい環境を保つのも臭いを防ぐコツ。ご紹介した乾きやすい室内干しアイテムを使い、換気扇のついている浴室や風が通りやすい場所に干しましょう。
どうしても乾きやすい場所に干せない場合は、扇風機やサーキュレーターで洗濯物に風を当てたり、除湿機を使って水分を回収したりできるようにすると乾きやすくなります。

まとめ

洗濯は時間のかかる家事ですから、手早く済ませてしまいたいもの。室内干しは洗濯を時短できる方法の1つです。
そんな室内干しを快適にするためには物干しアイテム選びも重要なポイントと言えるでしょう。ご紹介した「ポーリッシュ 物干しシリーズ」は収納ケースFitsを販売している当社のブランドのひとつ。主婦の声を生かしてつくられているため、扱いやすく壊れにくい設計、干しやすい機能が充実しています。
それぞれの特徴を参考に、自分のニーズにぴったりの室内物干しを見つけてくださいね。

この記事で紹介した室内物干しはこちら

ポーリッシュ スリム物干しX型 ホワイト PS-32

ポーリッシュ スリム物干しX型 ホワイト PS-32

最大外寸(約):幅71×奥行72×高さ126cm
収納時(約):幅71×奥行5×高さ144cm
素材:【本体】スチールパイプ(粉体塗装)【樹脂部品】TPR、ポリプロピレン【金属部品】スチール(メッキ)
JANコード:4904746088017
ポーリッシュ 突っ張り式物干し 窓枠用 PS-19

ポーリッシュ 突っ張り式物干し 窓枠用 PS-19

最大外寸(約):片側:幅5×奥行46×高さ190~260cm
素材:【本体】ステンレス巻きスチールパイプ、ステンレスパイプ【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、EVA樹脂、ポリカーボネート【金属部品】スチール(メッキ)、ステンレス
JANコード:4904746081728
ポーリッシュ 突っ張り式物干し室内用ロング PS-35

ポーリッシュ 突っ張り式物干し室内用ロング PS-35

最大外寸(約):幅5×奥行46×高さ201~300cm
素材:【本体】ステンレス巻きスチールパイプ、ステンレスパイプ【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、EVA樹脂【金属部品】ステンレス、スチール(メッキ)
JANコード:4904746114310
ポーリッシュ 室内多機能物干しH型 PS-04K

ポーリッシュ 室内多機能物干しH型 PS-04K

最大外寸(約):幅93~149×奥行52×高さ112~180cm
収納時(約):幅93×奥行13×高さ112cm
素材:【本体】ステンレス巻きスチールパイプ、スチールパイプ(紛体塗装)【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、ナイロン【金属部品】スチール(メッキ)、ステンレス
JANコード:4904746078261
ポーリッシュ アルミ室内多機能物干しH型 PS-04KA

ポーリッシュ アルミ室内多機能物干しH型 PS-04KA

最大外寸(約):幅93~149×奥行52×高さ112~180cm
収納時(約):幅93×奥行13×高さ112cm
素材:【本体】アルミニウム合金【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、ナイロン【金属部品】スチール(粉体塗装)、スチール(メッキ)、ステンレス、アルミニウム合金
JANコード:4904746088031
ポーリッシュ いっぱい干せる伸縮自在多機能物干し PS-30

ポーリッシュ いっぱい干せる伸縮自在多機能物干し PS-30

最大外寸(約):幅80~140×奥行62×高さ105~175cm
収納時(約):幅9×奥行62×高さ105cm
素材:【本体】ステンレス巻きスチールパイプ【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、ナイロン【金属部品】スチール(メッキ)
JANコード:4904746087997
ポーリッシュ インテリア物干し アルミ多機能 PSI-04A

ポーリッシュ インテリア物干し アルミ多機能 PSI-04A

最大外寸(約):幅62~106×奥行52×高さ102~170cm
折りたたみサイズ(約):幅62×奥行13×高さ102cm
素材:【本体】アルミニウム合金【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、ナイロン【金属部分】スチール(粉体塗装)、スチール(メッキ)、ステンレス、アルミニウム合金
JANコード:4904746120175
ポーリッシュ アルミ伸縮式布団干しX型コンパクトPS-34A

ポーリッシュ アルミ伸縮式布団干しX型コンパクトPS-34-A

最大外寸(約):幅93~148×奥行57×高さ87~125cm
収納時(約):幅94×奥行93×高さ9cm
素材:【本体】アルミニウム合金【樹脂部品】ポリプロピレン、ABS樹脂、ポリエチレン【ハンガーかけ】ステンレス【金属部品】スチール(メッキ)、ステンレス、アルミニウム合金
JANコード:4904746114303
ポーリッシュ 壁につかない水平干し角ハンガー42 PL-31

ポーリッシュ 壁につかない水平干し角ハンガー42 PL-31

最大外寸(約):幅71×奥行72×高さ126cm
収納時(約):幅71×奥行5×高さ144cm
素材:【本体】スチールパイプ(粉体塗装)【樹脂部品】TPR、ポリプロピレン【金属部品】スチール(メッキ)
JANコード:4904746118417

関連記事を合わせてチェック!

おしゃれなハンガーラック7選|インテリアになじむスリム物干しをご紹介

おしゃれなハンガーラック7選|インテリアになじむスリム物干しをご紹介

ハンガーラックを使うと服の片付けがとても楽になります。おしゃれで多機能な室内物干しをハンガーラックに使ってみませんか?おすすめポイントを参考に、ライフスタイルにピッタリのハンガーラックを見つけてください。
【タイプ別】ピンチハンガーの選び方|丈夫で絡まりにくいおすすめアイテムを紹介

【タイプ別】ピンチハンガーの選び方|丈夫で絡まりにくいおすすめアイテムを紹介

洗濯は家事のなかでも工程の多い作業でとても時間がかかります。そうなると、やはり洗濯はできるだけ早くラクに済ませたいもの。ストレスなく洗濯するには、機能的な洗濯用品を選ぶことが大切なポイントです。今回はピンチハンガーの選び方をまとめました。おすすめのピンチハンガーもあわせて紹介しています。
シワになりにくい!ワイシャツの洗濯&アイロン方法

シワになりにくい!ワイシャツの洗濯&アイロン方法

ワイシャツにシワがつきにくい洗濯の方法や干し方、しまい方を紹介します。ワイシャツの正しいアイロンがけの方法や、シワがつきにくいワイシャツの選び方もお伝えしますので、日々のお手入れの参考にしてみてください。